勘違いされやすい太陽光発電の重要ポイント

勘違いされやすい太陽光発電の重要ポイントがあります。それは、太陽光発電を国家に導入することと家庭に導入することでは全く意味が違うと言うことです。

どのようなメディアもそうですが、太陽光発電の良し悪しを議題として話をしているときに、国家として太陽光発電を導入するにはエネルギー不足なので家庭に対しても同じことが当てはまる、と主張している方が本当に多いのですが、これはかなり酷い勘違いなので注意をしてください。一般家庭分の電力を供給するだけならば太陽光発電でも十分に足りるのです。

では、なぜ国家レベルの話になると太陽光発電の電力供給が足らないのか、と言う話になりますと、それだけ大規模な電力を供給するためのソーラーパネルを設置する土地や場所がないからなのです。これは本当に太陽光発電の重要ポイントです。

例えば京都府では、全住宅の家の上でソーラーパネルを設置したと仮定した電力の試算を出していますが、その持っている土地全体に関する太陽光発電の電力供給量というものの試算は一切出していません。そもそも、日本の国土の山間部の割合をご存知でしょうか。

なんと7割にも達しているのです。残りの3割の部分で上手く住宅を建てて生活をしているのが日本の特徴なのですから、その3割の部分で他の7割を埋めようなどと言うのは不可能に近いということがわかるはずです。こうしたある種デタラメのデータでもって太陽光発電を否定する方がいますがそれは間違いなのです。

太陽光発電の重要ポイントは、一般家庭に導入できる3割の部分に関しては何の問題もないという、その一点です。ですから、自治体がわざわざ補助金を出してまで太陽光発電の導入を進めているわけです。こうした太陽光発電の知識をしっかり持てば、このシステムがどれだけ素晴らしいものかと言うことが理解できるでしょう